2018年12月17日

聞く耳



12号
聞く耳

今年のNHKの大河ドラマは「西郷どん」が放映されました。主人公・西郷隆盛の遺訓である「南州翁遺訓」の第19ヶ条を紹介しましょう。
「古より君臣共に己れを足れりとする世に、治功の上りたるはあらず。自分を足れりとせざるより、下々の言も聴き入るるもの也。己を足りとすれば、人己の非を言えば忽ち怒るゆえ、賢人君子は之を助けぬなり」

ここでは、「自分はまだ足りないことがある」と考えていればこそ、部下の言うことも素直に聞き入れられるもの、と説かれています。
さらに、「自分が完全だと思っている時、人が自分の欠点を正すと、すぐ怒るから、賢人や君子というような立派な人は、おごり高ぶっている者に対しては決して味方はしないものである」ということを教えてくれているのです。
まずは、相手の言い分を聞くことから始めましょう。意見を採用するか否かは状況によって判断すればよいのです。聞く耳を持てば、意見を述べた後輩も、聞いてもらえたという思いから、さらによき提案をしてくれるでしょう。


今日の心がけ


話しは最後まで聞いてみましょう


人の話をまず聞くという「心の余裕」が欲しいと感じましたので、今まで以上に相手の話を最後まで聞いてみることにします。



↓ブログランキングに参加しています。応援よろしくお願いします。
人気ブログランキングへ
同じカテゴリー(朝礼)の記事画像
言葉の力
充実している証
尊いもの
出直しはできる
たった一人の応援者
靴を揃える
同じカテゴリー(朝礼)の記事
 言葉の力 (2019-01-19 15:17)
 充実している証 (2018-11-17 09:11)
 尊いもの (2018-10-11 09:04)
 出直しはできる (2018-09-21 09:06)
 たった一人の応援者 (2018-08-24 13:36)
 靴を揃える (2018-07-28 11:07)

Posted by すまいるガーデン  at 07:57 │Comments(0)朝礼

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。