2018年09月21日

出直しはできる



9月号

出直しはできる

公益財団法人「修養団」の研修道場で、長年、道場長などを歴任した故・中山靖雄氏は、講演やテレビ番組を通じて人気を博しました。
「やり直しはできないけれど、出直しはできる」と言う中山氏。過去に捉われず、未来に向けて一歩を踏み出すことの大切さを多くの人に伝えました。
キョロキョロ
自分のミスから人間関係が悪化したり、商談が成立しなかったりと、誰しもそのような経験を持っているものです。中には過去にとらわれ、なかなか新たなスタートを切れずに悩んでいる人もいるでしょう。
過去に起きた事実そのものを変えることはできません。しかし、今のこの瞬間から、心の持ちようと行動を変えることはできます。
good
失敗をした時には、反省点を次回に活かして目の前の業務に取り組んでいくと、自身の能力も、仕事の質も確実に向上していくものです。
「あの時の失敗があったから、今の自分がある」と、過去をプラスに捉えることができるように、失敗した時こそ出直す一歩に切り替えましょう。
ニコニコ


今日の心がけ

失敗から学びましょう




大坂なおみ選手のコーチであるバインコーチについての学び・・・

~コーチ就任4カ月で大坂選手を優勝させた!~

そして、2017年12月から大坂なおみのコーチになりました。スタッフからバインコーチを勧められて契約したそうです。大坂選手はその当時、世界ランク68位でした。しかし、今年3月(バインがコーチに就いて4か月後)にアメリカで開催されたBNPバリバオープン女子シングルス決勝で、当時ランキング11位だったロシアのダリア・カサトキナ選手に6-2,6-3の圧勝で見事優勝し、ランキングを22位まで上げたのです。

大坂選手は、メンタルの弱さが指摘されていました。試合中のミスで落ち込んだりしてショットの精度が雑になったり、今回のセリーナド同様にラケットを投げつける場面も何度かありました。


そのメンタルを強くさせたのがバインコーチの功労だったそうです。テニスはメンタルのスポーツです。勝っている時はサーブも思い切って打てますが、負けていたり、ダブルフォールトが続いたりすると、ボールをコートに入れなければならないとか、ミスしたらどうしようなどと考えるため、手が縮こまってしまい、ネットに引っかけてしまいます。そこで、精神的な強さが必要になってきます。精神的な強さが無ければテニスの試合で勝つことはできないと言っても過言ではありません。

~日本のスポーツ界はこの師弟関係を見習って!~


バインコーチは、テニスの練習中に大坂と賭けをしているそうで、サーブやショットで負けたほうが罰ゲームをするなど。賭けに負けた大坂選手は、街中でダンスをさせられたり、バインコーチは苦手な納豆を食べさせられたりといった具合に2人は仲が良いらしいです。楽しみながらテニスをし、精神力を鍛えているようですね。

大坂選手は、バインコーチについて、


彼は非常に良い人で、ポジティブで陽気。私は落ち込むことが多いので、(相性がいい)

と言っているそうです。

バインコーチは大坂選手のことを


彼女は完璧主義で、自分自身に厳しすぎるところがあるから僕は真逆でいなければならない。だから「大丈夫。地球は丸くて、草は青いさ、すべてうまくいく」って言うんだ

と語ったそうです。



↓ブログランキングに参加しています。応援よろしくお願いします。
人気ブログランキングへ
同じカテゴリー(朝礼)の記事画像
充実している証
尊いもの
たった一人の応援者
靴を揃える
エネルギーの源
いずれ菖蒲か杜若
同じカテゴリー(朝礼)の記事
 充実している証 (2018-11-17 09:11)
 尊いもの (2018-10-11 09:04)
 たった一人の応援者 (2018-08-24 13:36)
 靴を揃える (2018-07-28 11:07)
 エネルギーの源 (2018-06-30 08:41)
 いずれ菖蒲か杜若 (2018-05-23 09:01)

Posted by すまいるガーデン  at 09:06 │Comments(0)朝礼

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。