2018年07月24日

人間の花




7月号

人間の花

「人間の五衰」

木が衰えていく状態と同じく、人間も貪欲、多欲なって修養しなくなると風通しが悪くなり、真理や教えが耳に入らなくなり、善語善言を学ぼうとしなくなる。
では、人間の花はどういう人に咲くのだろうか・・・
あるいは、人間の花を咲かせるために大事なことは何だろうか・・・

雑念、忘念を心に茂らせている人には花は咲かない。
心の雑草を取り去り、よく手入れし、調和させている人、心の力を良く知る人のみが、人間の花を咲かせるのだろう。


「易経」にこういう言葉がある。
「性を尽くして命に至る」
自分が天から授かったもの、持って生まれた能力をすべて発揮していくことで天命に至る、というのである。



↓ブログランキングに参加しています。応援よろしくお願いします。
人気ブログランキングへ
同じカテゴリー(致知の学び)の記事画像
変革する
父と子
利他に生きる
本気 本腰 本物
天我が材を生ずる必ず用あり
活機応変
同じカテゴリー(致知の学び)の記事
 変革する (2018-08-16 14:12)
 父と子 (2018-06-08 14:28)
 利他に生きる (2018-05-22 08:54)
 本気 本腰 本物 (2018-04-07 14:12)
 天我が材を生ずる必ず用あり (2018-03-08 08:52)
 活機応変 (2018-02-09 10:03)

Posted by すまいるガーデン  at 08:22 │Comments(0)致知の学び

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。