2018年05月23日

いずれ菖蒲か杜若



5月号
いずれ菖蒲か杜若

5月は花菖蒲が身頃の時期です。菖蒲園に足を運んだり、家に飾ったりして、目や心を癒している人もいるのではないでしょうか。
古くは歌川広重の浮世絵にも登場し、昔から日本人に愛されてきた花です。しかし、知られていないことが以外に多くあります。
花菖蒲はアヤメ科の多年草です。同じアヤメ科の「菖蒲」(あやめ)と呼称されていることが多い一方で、「菖蒲」(しょうぶ)と呼ばれることもあります。
漢字で書くと同じ字ですが、実は菖蒲湯に入れる菖蒲は、サトイモ科に属しているまったく別の植物です。
また、どちらも優れて甲乙つけがたく、選択に迷うことの例えとして使われる「いずれ菖蒲か杜若」という諺の杜若は、菖蒲に良く似ています。
日頃、何となく使われている言葉でも、知らなかったり、勘違いしているものがあるのではないでしょうか。
疑問に思ったことはうやむやにせず、図鑑やインターネットなどで調べることで、新たな世界が広がるかもしれません。キョロキョロ


今日の心がけ


疑問を思ったことは調べてみましょう




↓ブログランキングに参加しています。応援よろしくお願いします。
人気ブログランキングへ
同じカテゴリー(朝礼)の記事画像
尊いもの
出直しはできる
たった一人の応援者
靴を揃える
エネルギーの源
記憶にない父の姿
同じカテゴリー(朝礼)の記事
 尊いもの (2018-10-11 09:04)
 出直しはできる (2018-09-21 09:06)
 たった一人の応援者 (2018-08-24 13:36)
 靴を揃える (2018-07-28 11:07)
 エネルギーの源 (2018-06-30 08:41)
 記憶にない父の姿 (2018-04-24 08:55)

Posted by すまいるガーデン  at 09:01 │Comments(0)朝礼

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。