2018年02月08日

事八日



2月号

事八日

2月8日は「事八日」と呼ばれ、使い終わった道具を供養する風習があります。「事八日」は年に二回あり、12月8日と共に、新たな事を始めたり、事を納めたりする日だとされています。全国各地の寺社では、針供養や人形供養などの行事が行なわれています。
昔の人は、長い間大事にしていた物には「付喪神」という神が宿り、粗末に扱うと、祟りや災いが起こると信じていました。キョロキョロ
針供養は、縫い針を休ませて、針の労をねぎらう行事として、江戸時代に広まりました。硬い生地に何度も刺されて古くなった針を、感謝と気持ちを込めて、柔らかい豆腐やこんにゃくに刺して、裁縫の上達を願います。
人形供養は、子宝に恵まれるように、または、子供が健康に育つようにと祈願して、それらの祈願が成就した時に、人形を奉納、供養したことが始まりだといわれています。
私たちのために働いてくれた、物への感謝が、「事八日」という供養なのです。拍手

今日の心がけ

物に感謝しましょう

物を大切にする心・・・・とても大切ですね。
普段使っている物は当たり前だと考えがちですが、自分の体の一部にもなりまた自分にはできない事を成し遂げる道具となって活躍してくれています。
本当に物に感謝しましょう・・・good



↓ブログランキングに参加しています。応援よろしくお願いします。
人気ブログランキングへ
同じカテゴリー(朝礼)の記事画像
遠くへ行きたいなら
小さな応援団
嫌うものには悩まされる
秋の味覚
出会いの不思議
本質に触れる
同じカテゴリー(朝礼)の記事
 遠くへ行きたいなら (2018-03-03 07:32)
 小さな応援団 (2018-01-26 09:00)
 嫌うものには悩まされる (2017-12-06 07:57)
 秋の味覚 (2017-11-20 08:54)
 出会いの不思議 (2017-10-16 11:39)
 本質に触れる (2017-09-18 14:37)

Posted by すまいるガーデン  at 07:47 │Comments(0)朝礼

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。