2017年03月22日

カラスと水差し


私じゃないよカラスの話です・・・ちっ、ちっ、ちっ


カラスに学ぶ


イソップ寓話の一つに「カラスと水差し」という話があります。
旅の中で、喉の渇いたカラスが水差しを見つけて喜びました。ところが、水差しには少量の水しか入っておらず、どうしてもクチバシが水面に届きません。
しかし、諦めずに試行錯誤していると、一つの妙法を思いつきました。それは石を集め、一つひとつクチバシで水差しの中へ落とす方法でした。

そうして、クチバシの届く位置まで水面を上昇させることで、カラスは水を飲むことができるようになったのです。
物事は一挙にできることばかりではありません。
一度ではうまくいかないこともあるでしょう。
そうした時にも「諦めない心」を持って、試行錯誤を続けていく先には成功があることを、この話は教えてくれます。拍手
行き詰まった時は、周囲にアドバイスを求めることも良いでしょう。
また「何か他に方法はないだろうか」と角度を変えてみることで、新たなアイデアが見つかるかもしれません。
必ず道はあると信じて、取り組みたいものです。good


イソップ寓話をご存知だろうか? そう、あの「アリとキリギリス」の話で有名なイソップだ。数々の寓話の1つに「カラスと水差し (The Crow and the Pitcher)」があるが、ここで登場する賢いカラスと同様の学習能力を普通のカラスが持っていることが、米Current Biology誌が8月6日(現地時間)に公開した論文の中で明らかになった。
イソップ(Aesop)は紀元前600年ごろのギリシャの人物といわれている。巧みな話術で奴隷の身分から解放されたといわれ、数多くのイソップ寓話と呼ばれる教訓めいた物語を残した。ウサギとカメ、金の斧、金の卵を産むガチョウなど、誰もが知っている話の数々だ。カラスと水差しもそれら寓話のひとつで、ある日喉の渇いたカラスが水の入った壺を発見したものの、そのままではくちばしが届く高さまで水かさがなかった。そこで近くから小石を集めてきて、1つ、また1つと壺へと放り込み、最後にようやく直接水が届くまでの高さまで水かさを上げることに成功した。カラスの機転もさることながら、この話は「1つ1つ物事を積み重ねれば、いつか目標を成せる」あるいは「必要は発明の母」といった教訓を示したものだといわれる。
こうした賢さを寓話の世界だけでなく、実際にカラスが持っていることを実験で示したのは、英ケンブリッジ大学のChristopher Bird氏とNathan Emery氏だ。両氏らは水の入ったプラスチックケースを用意し、その表面にミミズのような虫を浮かべ、カラスが実際に石を上から落として食物にありつく様子を観察した。カラスらは石を落とすことで水位が上昇することを学習し、自発的にそうした行為を行うようになったという。最終的に、どの程度石を放り込めば必要な水位に達するのかを理解するようになり、しかも大きな石ほど効果が高いこともすぐに学習したという。カラスが道具を使ってさまざまな行動を行うことは以前から知られていたが、実際にそれを使いこなして複雑な行動にも対応できることがわかったということだ。




↓ブログランキングに参加しています。応援よろしくお願いします。
人気ブログランキングへ
同じカテゴリー(日記)の記事画像
平成29年秋祭り
上達の秘訣
枝垂れ梅が綺麗に咲きました
加古川経営者協会研修視察-2
加古川経営者協会研修視察-1
わくわく感謝DAY
同じカテゴリー(日記)の記事
 平成29年秋祭り (2017-10-09 16:04)
 上達の秘訣 (2017-03-08 09:05)
 枝垂れ梅が綺麗に咲きました (2017-02-27 09:23)
 加古川経営者協会研修視察-2 (2016-11-21 10:02)
 加古川経営者協会研修視察-1 (2016-11-21 09:49)
 わくわく感謝DAY (2016-11-14 07:39)

Posted by すまいるガーデン  at 07:59 │Comments(0)日記

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。