2017年01月06日

青雲の志



1月号
青雲の志

青雲の志とは国語辞典では立身出世の志とあります。
青雲とは高い空とそこに浮かぶ雲である。どこまで行っても到達できない。手が届かない。それでもその雲を目指してあくまでも努力を歩み続ける。青雲の志にはそういう意味もあるのではないだろうか。翻って言えば、理想に生きること、これこそが青雲の志ではないかと本誌は考えます。

「致知」は今年、創刊39周年を迎える。拍手拍手
こんな堅い雑誌は誰も読まないと言われながら、今では「致知」の到着を心待ちにして下さる愛読者が全国津々浦々に及んでいる。

最近、一読者から分厚いお手紙をいただいた。キョロキョロ
ある39歳の男性からです。9年の刑期を終え、このほど満期出所したという。在所中は他の受刑者との接触を禁じられていた時に知人が「致知」の一年間購読を差し入れてくれた。

手紙には私は貪るように「致知」を手に取りページを開くと、そこには人生の先輩方の珠玉にあふれた言葉があり、自爆自棄になって部屋の隅で腐りかけていた私に語りかけてきました・・・

それからの私は毎月送られる「致知」を人生の手本として、何度も何度も読み返し、線を引き、ノートに書き写し、毎日に彩りが出て、とても充実したものになってきました。人間学を勉強していると、生きる活力が湧いてくるというか、心の底から生きる喜びを感じることができます。


そして手紙はこう締めくくられていました。
「あの時、私が「致知」と出会っていなければ、どうなっていたでしょうか・・・「致知」のおかげで私の10年は何よりもかけがえのないものとなり、人生の大きな転機となりました。私に希望と光を与えて頂き、本当に有難うございました。」


good



↓ブログランキングに参加しています。応援よろしくお願いします。
人気ブログランキングへ
同じカテゴリー(致知の学び)の記事画像
師と弟子
寧静致遠
その時どう動く
繁栄の法則
艱難汝を玉にす
熱と誠
同じカテゴリー(致知の学び)の記事
 師と弟子 (2017-07-11 10:38)
 寧静致遠 (2017-06-15 09:14)
 その時どう動く (2017-05-06 10:07)
 繁栄の法則 (2017-04-05 16:54)
 艱難汝を玉にす (2017-03-09 10:14)
 熱と誠 (2017-02-02 09:44)

Posted by すまいるガーデン  at 09:19 │Comments(0)致知の学び

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。