2016年12月21日

泳げるようになるには



12月号
泳げるようになるには

何か物事を習得する際、最も良い方法は何でしょうか。
水泳を例にあげると、泳ぎの苦手な人が泳げるようになるには、一見乱暴ですが、泳げなくても水の中に入ってしまうことです。
オリンピックに出るような水泳選手から、水の外で泳ぎ方のコツを学んでも、泳げるようにはならないでしょう。
これは他のスポーツや語学、芸事などにも当てはまります。まずはやってみること、その中に飛び込んでみることです。
その物事の情報はもちろん必要ですが、知識や経験値が増えるほど「やってもうまくいかないかもしれない」「他人はどのようにしているのだろう」と考えてしまって、実行に移るまでに時間を要してしまいます。
何事でも上達するタイプの人は、良いと思ったらすぐ実行に移します。充分な情報がなくても、積極的に新しいことに取り組んでみましょう。失敗しても、それが成長につながることは間違いありません。


今日の心がけ

まずはやってみましょう





サントリーの「やってみなはれ」の歴史


やってみなはれ やらなわからしまへんで

創業者 鳥井信治郎は未知の分野に挑戦しようとして周囲から反対を受けるたび、
この言葉を発して決して諦めなかったという。

開拓者たる覚悟と責任を問うこの言葉は、時代を超えてサントリーグループのDNAとなり、
社員一人ひとりの次の一歩を後押しするドライブとなっている。

サントリーグループは真のグローバルカンパニーへと飛躍する転換点にいる。
多様な考え方や背景をもつ人々が集い、新しいビジネスを展開することで予想もしない事態が起こるだろう。
今こそ歴史を振り返り、サントリーの根底に流れる「やってみなはれ」の本質に目を向けるべきだ。

初代社長の口癖だった「やってみなはれ」を、歴代の社長はどう継承し、実践したのか。
「やってみなはれ」の源流を探る。



↓ブログランキングに参加しています。応援よろしくお願いします。
人気ブログランキングへ
同じカテゴリー(朝礼)の記事画像
本質に触れる
体は心の容れ物
プロセスを尊ぶ
優しさの詰まった点字ブロック
三猿の教え
オムレツの先に
同じカテゴリー(朝礼)の記事
 本質に触れる (2017-09-18 14:37)
 体は心の容れ物 (2017-08-14 14:23)
 プロセスを尊ぶ (2017-07-27 16:31)
 優しさの詰まった点字ブロック (2017-06-17 09:53)
 三猿の教え (2017-05-23 15:31)
 オムレツの先に (2017-04-10 09:58)

Posted by すまいるガーデン  at 07:37 │Comments(0)朝礼

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。