2018年11月17日

充実している証



11月号

充実している証


年末が近づくと、「一年が過ぎるのは早い」という言葉があちこちで聞かれます。こうい得るのは、幸せなことではないでしょうか。
若手社員のHさんが、入院している先輩のお見舞いに行った時のことです。近況を話している最中に、Hさんは何気なく「一年が過ぎるのは早いですね」と言いました。すると、先輩は次のように言ったのです。
「それは君が健康だから、そう思えるんだよ。一日中ベットに横たわっていると、本当に一日が長い。一ヶ月がどれほど長く感じるか。充実した毎日を過ごしている証だよ。いいことだね」
思いがけない言葉に、Hさんはハットしました。あっという間に過ぎたように感じる歳月は、充実している証なんだ・・・と、先輩の言葉を思わず反芻しました。そして、先輩の回復を祈りつつ病院を後にしたのでした。
公私共に忙しくしている人は、大勢いることでしょう。それは健康であればこそです。その喜びをかみしめて、毎日を過ごして生きたいものです。


今日の心がけ


働ける喜びを再確認しましょう  


Posted by すまいるガーデン  at 09:11Comments(0)朝礼

2018年11月17日

自己を丹精する



11月号

自己を丹精する

自分という人間をまごころ込めて仕上げていくということだそうです。

能楽で有名な世阿弥の言葉に・・・

「自分の花を誠の花と知る心が、真実の花になお遠ざかる心なり」

自分の花とは若いときの花、誠の花とは修練、修養によって得られた花のことである。若い時には若さならではの花がある。だが、それを自分の実力と思ってしまうと、永遠に真実の花はつかめないということである。




世阿弥はこうも言っている・・・

「住するところなきをまず花と知るべし」

「住するところなき」は、現状に甘んじない、現状に止まらないということである。今の状態に安心してしまわないで学び続けることこそ花である。  


Posted by すまいるガーデン  at 08:51Comments(0)致知の学び