2018年02月09日

活機応変



2月号
活機応変

「巻頭の言葉」  JFEホールディングス特別顧問  數土 文夫氏

古代中国の斉の名宰相・管仲
賞罰明らかになれば則ち徳の至れるものなり

政・官・財、あらゆるところで不祥事が相次いでいます。さらに残念なことは、いずれの不祥事も責任の所在が明らかにされていないことです。
リーダーは信賞心罰の重み、そしてその実践は徳の極致であることを理解すべきだと言っております。
現場を熟知していないリーダーに、的確な信賞心罰の実践は不可能です。平素から現場に足繁く通って実情を十分把握しておくこと。その上で、なぜその人が褒めるに値するか、なぜその人を罰するのかを明確にして皆を納得させ、組織の士気が上がるよう努めなければならないのです。

管仲は次のようにも説いています。
「衆人のその心を用うるや、愛は憎しみの始め、徳は怨みの本なり。ただ賢者は然らず」

凡人は、報いられることを期待する。したがって誰かをえこひきいきすれば憎しみのもとになり、誰かを罰すれば怨みを買う。ゆえに多くの人は、徳の極みである賞罰を明らかにすることをちゅうちょしますが、賢者はそうではないということです。

徳を積んでいる者は決して孤立することなく、必ず理解者が現れるというのが一般的な解釈です。
安易に徳を実践すると皆から疎まれ孤立する場合が普通だ。しかし、勇気を持ってこれを為せば良い結果がもたらされ、その決断を評価する賛同者が後々の世でも必ず現れることを示唆しているとも言っているのです。
  


Posted by すまいるガーデン  at 10:03Comments(0)致知の学び

2018年02月08日

事八日



2月号

事八日

2月8日は「事八日」と呼ばれ、使い終わった道具を供養する風習があります。「事八日」は年に二回あり、12月8日と共に、新たな事を始めたり、事を納めたりする日だとされています。全国各地の寺社では、針供養や人形供養などの行事が行なわれています。
昔の人は、長い間大事にしていた物には「付喪神」という神が宿り、粗末に扱うと、祟りや災いが起こると信じていました。キョロキョロ
針供養は、縫い針を休ませて、針の労をねぎらう行事として、江戸時代に広まりました。硬い生地に何度も刺されて古くなった針を、感謝と気持ちを込めて、柔らかい豆腐やこんにゃくに刺して、裁縫の上達を願います。
人形供養は、子宝に恵まれるように、または、子供が健康に育つようにと祈願して、それらの祈願が成就した時に、人形を奉納、供養したことが始まりだといわれています。
私たちのために働いてくれた、物への感謝が、「事八日」という供養なのです。拍手

今日の心がけ

物に感謝しましょう

物を大切にする心・・・・とても大切ですね。
普段使っている物は当たり前だと考えがちですが、自分の体の一部にもなりまた自分にはできない事を成し遂げる道具となって活躍してくれています。
本当に物に感謝しましょう・・・good
  


Posted by すまいるガーデン  at 07:47Comments(0)朝礼

2018年02月07日

高砂青松RC創立40周年

平成30年2月6日、高砂青松ロータリークラブを代表して高砂市に防犯ブザー(800個)を寄贈させて頂きました。
高砂市内の小学校に入学する新1年生の生徒さん達に入学式当日に配られます。この防犯ブザーを使わなくていい安全安心な街であってほしいと思います。ニコニコ




                                    2月7日神戸新聞記事  


Posted by すまいるガーデン  at 07:28Comments(0)日記

2018年02月01日

今日の温室



社長ブログに久しぶりにカトレアの花をアップしてみました・・・キョロキョロ




リップの中心部も鮮やかな色です。
フリルも綺麗に咲いています・・・・good
  


Posted by すまいるガーデン  at 08:42Comments(0)温室の花