2017年07月27日

プロセスを尊ぶ



7月号
プロセスを尊ぶ

ドイツの劇作家で詩人のゲーテは、最晩年に、人生の至言ともいうべき言葉をたくさん遺しました。
その中の一つに、「いつでも仕上げることばかり考えて、仕事そのものに喜びがすこしもないものだ。しかし、純粋の、真に偉大な才能ならば、製作することに至上の幸福を見いだすはずだ」というものがあります。
この言葉を知って、Sさんは、結果ばかりを追い求めるのではなく、完遂までのプロセスに喜びがあるかどうかを考えるようになりました。とかく私たちは、結果を求めています。「結果がすべて」とも言われています。
しかし、どのような商品やサービスでも、結果の前には必ず過程が伴います。今の自分に取り組む、自分の心の内を、客観的に眺めてみましょう。
もし、喜びを感じていないのであれば、どうすればもっと楽しく行えるのか、工夫をしてみましょう。仕事に限らず、趣味や習い事、地域の活動でも同じです。
その作業は、結果のも大きく左右するでしょう。


今日の心がけ

喜んで行いましょう
  


Posted by すまいるガーデン  at 16:31Comments(0)朝礼

2017年07月11日

師と弟子



7月号
師と弟子


リオ五輪三ヶ月前の怪我

父親であり監督の義行氏は、常に4年先を見てやることを指導してきたと言います。私の選手時代は失敗の連続で、力は合ったんだけれども、オリンピックの年は怪我をしたりサイクルが悪く、結局4回トライしたうち1回しかでれなかった。
娘には同じ鉄は踏ませないとやってきていたが、直前に腰痛が悪化し、万全とは言えない状態での戦いになりました。
試合当日、3回の試技のうち2回連続失敗してしまいもうこれでダメかなと不安がよぎりました。その時父から「大丈夫、大丈夫」過去の2回はもう頭の中から切り捨てろ。次がファストトライだと思ってやれ」「絶対取れるから言ってこい」と言われたそうです。
やるべきことはやってきたので、もう思い切ってやろう、1%でもある可能性を信じてとにかく頑張ろうって言う気持ちで最後の試合に臨んだのです。あの時の会場の声援も凄くて会場が取らせてくれた感じでした。


バーベルに「ありがとう」
父は私が彼女を16年間教えてきて、3回目を挙げた後にバーベルに抱擁した瞬間が、一番忘れられません。
宏美さんは、あの時はバーベルに対して、挙げさせてくれてありがとうって言う感謝の気持ちでした。この4年間にバーベルを作っている職人さんにお会いしたことも大きかったです。本当に小さな工場で4~5名の方が、機械ではなくて一本一本手間隙欠けて作ってくださっている。そういう姿を見た時に、もっと物を大切にしなきゃいけないと思い、練習の終わった後に掃除や道具の手入れは以前からしていましたがより一層気持ちを込めてやるようになりました。

やっぱり道具を大切に扱わない選手は伸びていかないですよ。たとえ調子が悪くても、どんな時でも、常に感謝を忘れないことが大事です。

宏美さんは読書家と聞きましたが特に影響を受けた本はありますか?


色々ある中で、サッカー日本代表主将の長谷部誠さんの「心を整える」という本です。これは2011年に読んだんですが、冒頭に「部屋の乱れは心の乱れ」と書いてあって、その時、私の部屋は凄く汚かったんです。これは心の状態を表しているなと反省して、部屋の掃除を徹底するところから始めていきました。拍手
  


Posted by すまいるガーデン  at 10:38Comments(0)致知の学び