2017年09月18日

本質に触れる




9月号

本質に触れる


私たちは日々目にしたり、接する物事において、どれだけ正しい見方ができているでしょうか。

衣料品会社で働くAさん。初仕事は、最高級の生地と安価な生地に触れてみることでした。当時は、その違いを区別することができませんでした。しかし、次第に手触りで違いがわかるようになり、やがて衣類を見ただけで、どのような生地か区別がつくようになりました。

倫理研究所の創設者・丸山敏雄は「なるべく世の中で評判の良いものをや、人が良いというものは、見たり聞いたりしておきなさい」と勧めました。たとえすぐにはその良さがわからなくとも、見ること自体が勉強であり、将来、役に立つときが来る、ということを伝えたかったのです。

絵画などの美術品や書道の作品など、良いものを見ることは、作者の心や人格、生命に触れることであり、鑑賞眼を養うことに通じます。
良きものを見て、本物に触れて、本質を見極める感性を身につけたいものです。



今日の心がけ



良いものを見ましょう
  


Posted by すまいるガーデン  at 14:37Comments(0)朝礼

2017年09月18日

閃き



9月号
閃き(ひらめき)

宇宙は自分の存在を知らしめるために人間を作ったのだ、とある科学者から聞いたことがある。そのために宇宙は人間に言葉を考えさせ、高等数学を発明させたのだ、とも伺った。生命がこの宇宙に誕生した奇跡のような事実に対し、科学者もそのように表現せざるを得ないということだろう。
このことからいえば、閃きもまた宇宙意思が自分の存在をいち早く人間に知らせるために、あるいは自分の意思を素早く感得させるために、人間にだけ与えた特殊能力なのかもしれない。
地球上のあらゆる創造は、人間の閃きから生まれてきた。人類の歴史は閃きの歴史、ということもできる。

松下幸之助氏は閃きによって数々の困難を乗り越えてきた人である。その松下氏が、閃きの基本は「熱意」だという。

「熱意が基本にあると、絶えず、寝ている間でさえも考えるようになる。ぼくは寝る間も惜しんで仕事をしてきた。・・・そうなると不思議なもので新しいことが浮かんでくるものだ。浮かばないとすれば、その熱意が足りないことほかならない」

ではどういう人に天は啓示を与えるのか。

「美しい心をもち夢を抱き、懸命に誰にも負けない努力を重ねている人に、神はあたかも行く先を照らす松明を与えるかのように、知恵の蔵から一筋の光明を与えてくれる」


  


Posted by すまいるガーデン  at 14:07Comments(0)致知の学び

2017年08月14日

体は心の容れ物



8月号
体は心の容れ物


普段何気なく座り方に、その人の心境や人柄が表れるようです。
アメリカ在住の女性ライターであるイレーナさんは、「座り方でわかるあなたの本性」として、座り方別・性格診断をまとめています。
それによると、あぐらをかく人は「考え方に柔軟性がある」、背筋を伸ばして姿勢よく座る人は「自身があってタフ」、他にも、足首を交差させる、膝を手に置くなど、13パターンの座り方と、それに応じた性格を分析しています。
こうした診断は、誰にでも当てはまるわけではありませんが、姿勢や座り方に、心の状態が表れることは、多くの人が実感しているでしょう。
見方を変えれば、姿勢を正すことから、気分が上向いたり、心の癖が解消されることも捉えています。
体は心の容れ物です。容れ物がゆがんでいたら、中味もゆがんでしまいます。座っている時の姿勢をセルフチェックして、できるだけ良い姿勢をとることから始めてみましょう。good


今日の心がけ

まず姿勢を正しましょう


スポーツでは姿勢を大変重要に考えています。特に武道においては隙のない構えをしていなと相手に読まれて負けてしまいます。
仕事の中でもお客様と名刺交換する時にも姿勢は大変重要になりますし、気持ち良く見せることができれば話も前向きに進んで行くことでしょう。  


Posted by すまいるガーデン  at 14:23Comments(0)朝礼

2017年08月05日

維新する



8月号



東急電鉄社長  野本弘文  VS  大和証券グループ本社顧問  鈴木茂晴

いま世の中が目まぐるしく変化している。規模の大小を問わず企業の盛衰も刻々と移り行く。その中にあって、今期10年ぶりに過去最高益を更新した東急電鉄。片や就職人気ランキングで1位に選ばれた大和証券。


それぞれの組織を繁栄発展へと導いてきた道のりについて語り合っていただいた。そこから見えてきた維新の要諦とは・・・キョロキョロ

東急電鉄野本社長が社長になって掲げて「三つの日本一」というビジョン

1.「住みたい沿線日本一」
  都心部へのアクセスや駅直結の施設はもちろん、町に緑が沢山あり、学校や保育所、病院などが充実していて、子供からお年寄りまで幅  広い層の人達に安心と快適を感じていただけることが必要である。

2.「訪れたい町日本一」
  私達の本拠地である渋谷を日本一訪れたい町にしようと。渋谷は言わずと知れた繁華街ですが、そこに甘んじていてはダメでであって、常  にいくつかの話題性のあるものをつくり、変化させていかなければならない。
  現在行っている渋谷駅再開発の全体的な完成は2027年度となります。先立って2019年度の開業を目指している超高層ビルは230m   です。屋上には日本最大級の規模を誇る展望施設を設置して、そこから足元には渋谷のスクランブル交差点が、遠くには富士山が眺めら  れる。

3.「働きたい街日本一」
  これは二子玉川をその街にすることです。昔から高級住宅街として有名でそういうイメージではなかった。そこを職住近接エリアとして再開  発し、2015年に「二子玉川ライズ」をオープンしました。
  楽天の三木谷さんも「ここは面白い」ということで本社を移転していただきました。開業前に比べると開業前は一日約10万人の乗降客だっ  たのが16万人になりました。

大和証券が就職ランキング1位に選ばれるまで・・・オドロキ

私が社長になったときは100位ですよ。学生にしたらランキング30位なったとしても誰も知らない。なぜそこもまでこだわったかというと、社員とその家族が見ているからです。
順位を上げることで優秀な学生に来てもらえることは重要ですが、それよりも社員自身とその家族のプライドやモチベーションを高めることのほうが比重としては大きいんです。


東急電鉄創業者の五島慶太の先見の明・・・

沿線のお客様には「ゆりかごから墓場」まで徹底的に世話を焼くんだだと言われていたそうです。
普通は自分の沿線のお客様を囲い込もうとするんですが、五島さんは自分のところだけがプラスになればいいという発想じゃなくて、とにかくお客様の利便性を最優先しなさいと。
西武さん阪急さんだとJR駅の近くに別に駅を構えていますが、東急は相互乗り入れを行い直結することに伴い結果的には便利だということでお客様に沿線に集まって頂いていると言うことです。


経営トップに必要な3つの条件

1.構想力・・・しっかりとしたビジョンを掲げる
2.判断力・決断力・・・多くの人の意見を聞いた上で、何が正しいかを取捨選択ができる
3.対応力・・・意思決定したことを事前に察知するとともに、トラブルが起こった場合にいかに早く正確に処理できるか。
  


Posted by すまいるガーデン  at 10:52Comments(0)致知の学び

2017年07月27日

プロセスを尊ぶ



7月号
プロセスを尊ぶ

ドイツの劇作家で詩人のゲーテは、最晩年に、人生の至言ともいうべき言葉をたくさん遺しました。
その中の一つに、「いつでも仕上げることばかり考えて、仕事そのものに喜びがすこしもないものだ。しかし、純粋の、真に偉大な才能ならば、製作することに至上の幸福を見いだすはずだ」というものがあります。
この言葉を知って、Sさんは、結果ばかりを追い求めるのではなく、完遂までのプロセスに喜びがあるかどうかを考えるようになりました。とかく私たちは、結果を求めています。「結果がすべて」とも言われています。
しかし、どのような商品やサービスでも、結果の前には必ず過程が伴います。今の自分に取り組む、自分の心の内を、客観的に眺めてみましょう。
もし、喜びを感じていないのであれば、どうすればもっと楽しく行えるのか、工夫をしてみましょう。仕事に限らず、趣味や習い事、地域の活動でも同じです。
その作業は、結果のも大きく左右するでしょう。


今日の心がけ

喜んで行いましょう
  


Posted by すまいるガーデン  at 16:31Comments(0)朝礼