2017年10月17日

自反尽己



10月号
自反尽己

自反尽己とは、自らに反り己を尽くすことである。
自反とは指を相手に向けるのではなく自分に向ける。すべてを自分の責任と捉え、自分の全力を尽くすことである。



日本を美しくする会・相談役  鍵山 秀三郎氏の言葉

残念ながら、日本という国が今、心情の上で着実に毀損、哀微しつつあることを私は痛感しています。
例えば、いじめの統計数字は毎年一年遅れで発表されていますが、いくら数字を分析したところで、いじめが減るどころか増える一方であり、しかも陰湿化し続けています。
いじめに限らず、他者への配慮、特に弱い立場の人への思いやりに欠ける行為が増え続けていることは、統計の数値には表れませんが、今の世相を見れば明らかです。
私も先日バスに乗っていた時、乗車してきた老人が、時間通りに来なかったといってステッキを振り上げ、ものすごい剣幕で運転手さんを怒鳴りつけるのを目の当たりにしました。
一つ一つの出来事は社会全体から見れば刑法に触れるようなことではなく、小さな取るにたらないことのように見えるかもしれませんが、当事者にとっては大変な問題です。そうした小さな問題が行き詰った風潮になっているのです。
これは実に恐ろしい問題であり、このままいくと日本の将来はどうなってしまうのかと思うと、私は暗澹たる思いに苛まれます。
こうした悪しき風潮を改め、日本人が明るく、生き生きと生きていくには、各界のリーダーが弱者に対する配慮を欠かさず、自分の持ち場でしっかりと責任を果たし、人々の期待に応えていく以外にないと私は思います。リーダーが立派な姿勢を示していくことによって、人々の心もよい方向に導かれていくと思うのです。


1.福井県池田町の町立池田中学校で今年3月に2年の男子生徒(当時14)が自殺した問題
  https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171017-00000004-asahi-soci

2.キレる中高年、精神科医が指摘する哀しき理由
  そもそも怒りをコントロールできないのが“キレる”ということ。その怒りを理解するには、大まかに3つの視点があるという。
  http://diamond.jp/articles/-/125629?page=2

  


Posted by すまいるガーデン  at 09:39Comments(0)致知の学び

2017年10月16日

出会いの不思議



10月号
出会いの不思議

「邂逅」(かいこう)という言葉があります。思いがけない出会い、巡り合いのことです。

人との出会いに限らず、仕事や研究、学問などにおいても、この言葉が用いられることがあるようです。
自分の人生に大きな影響を与えるような人や物事との邂逅は、一生に何度も経験できるものではありません。もし、そのような経験をすでに持っているのなら、とても幸福なことでしょう。
出会いとは不思議なものです。哲学者であり、教育者であった森 信三氏は、このような名言を遺しています。
「人間は一生のうち逢うべき人に必ず逢える。しかも、一瞬早すぎず、一瞬遅すぎずない時に」
つまり、その出会いは、偶然ではなく、逢うべきして逢ったのだということです。
自分の人生を左右するような出会いは、都合よく訪れるものではないでしょう。日常の何気ない出来事にも真心を注いでいく、その努力のエネルギーが、様々な要因を経て熟成した結果なのかもしれません。拍手


今日の心がけ

出会いの意味を知りましょう


一度しかない人生、いろんな出会い、巡り合いができるように自分自身の心持を磨いて行きたいと思います。
その為には、一歩踏み出す勇気と、立ち止まる勇気が必要になってきます・・・
good  


Posted by すまいるガーデン  at 11:39Comments(0)朝礼

2017年10月09日

平成29年秋祭り





本宮は天気も良くなり集合写真も撮影できました。ニコニコ


練り子も元気に頑張っています。good



今年も太鼓いい音でお願いします。拍手




今年は人数が多くて舞子は6人です。息お合わせて舞って下さい。チョキ


祭り大好き・・・ニコニコ


この子も将来は祭り大好きになることでしょう。good


  


Posted by すまいるガーデン  at 16:04Comments(0)日記祭り

2017年09月18日

本質に触れる




9月号

本質に触れる


私たちは日々目にしたり、接する物事において、どれだけ正しい見方ができているでしょうか。

衣料品会社で働くAさん。初仕事は、最高級の生地と安価な生地に触れてみることでした。当時は、その違いを区別することができませんでした。しかし、次第に手触りで違いがわかるようになり、やがて衣類を見ただけで、どのような生地か区別がつくようになりました。

倫理研究所の創設者・丸山敏雄は「なるべく世の中で評判の良いものをや、人が良いというものは、見たり聞いたりしておきなさい」と勧めました。たとえすぐにはその良さがわからなくとも、見ること自体が勉強であり、将来、役に立つときが来る、ということを伝えたかったのです。

絵画などの美術品や書道の作品など、良いものを見ることは、作者の心や人格、生命に触れることであり、鑑賞眼を養うことに通じます。
良きものを見て、本物に触れて、本質を見極める感性を身につけたいものです。



今日の心がけ



良いものを見ましょう
  


Posted by すまいるガーデン  at 14:37Comments(0)朝礼

2017年09月18日

閃き



9月号
閃き(ひらめき)

宇宙は自分の存在を知らしめるために人間を作ったのだ、とある科学者から聞いたことがある。そのために宇宙は人間に言葉を考えさせ、高等数学を発明させたのだ、とも伺った。生命がこの宇宙に誕生した奇跡のような事実に対し、科学者もそのように表現せざるを得ないということだろう。
このことからいえば、閃きもまた宇宙意思が自分の存在をいち早く人間に知らせるために、あるいは自分の意思を素早く感得させるために、人間にだけ与えた特殊能力なのかもしれない。
地球上のあらゆる創造は、人間の閃きから生まれてきた。人類の歴史は閃きの歴史、ということもできる。

松下幸之助氏は閃きによって数々の困難を乗り越えてきた人である。その松下氏が、閃きの基本は「熱意」だという。

「熱意が基本にあると、絶えず、寝ている間でさえも考えるようになる。ぼくは寝る間も惜しんで仕事をしてきた。・・・そうなると不思議なもので新しいことが浮かんでくるものだ。浮かばないとすれば、その熱意が足りないことほかならない」

ではどういう人に天は啓示を与えるのか。

「美しい心をもち夢を抱き、懸命に誰にも負けない努力を重ねている人に、神はあたかも行く先を照らす松明を与えるかのように、知恵の蔵から一筋の光明を与えてくれる」


  


Posted by すまいるガーデン  at 14:07Comments(0)致知の学び